« 13日目 | トップページ

2018年5月29日 (火)

【大相撲夏場所】大関昇進の栃ノ心 新たな「超人伝説」

この夏場所は、大関栃ノ心の誕生ですね
そして横綱鶴竜の2場所連続優勝
鶴竜と白鵬ですが、かつて最強の名を欲しいままにしていた横綱朝青龍と上り調子の横綱白鵬との対決を思い出しました。

来場所は、急に鬼のように強くなった新星大関栃ノ心ですね
そして同期前後も燃えますね#^^#
楽しくなりそうです

そして、大相撲懸賞クイズです!

カンチ関、元気に上り調子を維持、堂々の39位、おめでとうございます#^^#
タメエモン関もずっと上位を維持、お見事71位、おめでとうございます#^^#

カミコウチ関、タニノヤマ関千秋楽で一気の寄り!500位以内へ、おめでとうございます#^^#
トラキチ関、上下W受賞、更に2口賞のトリプル受賞おめでとうございます#^^#
トシオ関、500以内、そしてお見事!2口賞下2ケタ当選のW受賞、おめでとうございます#^^#
サカイアイ・ミチヤスエ関、最終盤で元気にW受賞!おめでとうございます
ボクも238位!久々上位でございます#^^#
今場所は、地元ひたちなか市元気でした#^^#

カンチ関    39位  東京都中野区
タメエモン関  71位  岐阜県可児市

オオアタリ関   238位  茨城県ひたちなか市
カミコウチ関   299位  茨城県ひたちなか市
タニノヤマ関   372位  東京都北区
トシオ関     477位  広島県広島市
ヘンクウ関    571位  山口県萩市
トラキチ関    707位  石川県小松市

トラキチ関    下位248位  石川県小松市
サカイアイ関   下位439位  茨城県ひたちなか市
ミチヤスエ関   下位477位  茨城県ひたちなか市

来場所は荒れる名古屋!
楽しくよろしくお願いします#^^#


【大相撲夏場所】大関昇進の栃ノ心 新たな「超人伝説」
5/28(月) 11:31配信
tospoweb-2018-05-29-10-27.gif
20180528-00000009-tospoweb-000-2-view-2018-05-29-10-27.jpg
ファンの手をタッチしながら引き揚げる栃ノ心

 大相撲夏場所千秋楽(27日、東京・両国国技館)は、横綱鶴竜(32=井筒)が2場所連続、5度目の優勝を果たし幕を閉じた。関脇栃ノ心(30=春日野)は幕内勢(31=伊勢ノ海)を寄り切って13勝目。自身2度目の優勝こそ逃したものの、敢闘賞と技能賞をダブル受賞した。この日の正午には日本相撲協会の審判部が栃ノ心を大関に推薦することを満場一致で決定。30日に開かれる臨時理事会での承認を経て、いよいよ正式に「大関栃ノ心」が誕生する。

 審判部長の阿武松親方(56=元関脇益荒雄)は「大関に値する。この何場所かの安定感と横綱白鵬(33=宮城野)を倒した相撲(12日目)。四つ身で白鵬を倒せる力士はいない。本格的な四つ相撲で上(横綱)を目指す大関になってほしい」と高く評価した。事実上の大関昇進決定を受けて、栃ノ心は「うれしい」と喜ぶ一方で「大関になっても、やることは同じ」と表情を引き締めた。

 新たな「超人伝説」もつくった。13日目の取組で右手首を負傷。翌日に病院で受けたレントゲン検査では骨に異常はなかったものの、以前に骨折したと思われる跡が2か所も見つかったという。栃ノ心は「いつ折れたのかな。(右手が)痛いときはあったんだけど…。だいぶ古いやつかもしれない」と豪快に笑い飛ばした。

 正式に大関に昇進する30日以降には、母国ジョージアに“凱旋”する。栃ノ心は「まだ日にちは決まってないけど、1週間くらいはいたいな」。6月7日には弟のラシャさん(28)の結婚式にも出席する予定。しばらくの間は母国で英気を養い、看板力士として臨む名古屋場所(7月8日初日、愛知県体育館)に備える。


【玉ノ井親方 視点】終盤戦の勢いの差、そのまま出た両横綱
5/28(月) 9:12配信
spnannex-2018-05-29-10-27.gif
20180528-00000076-spnannex-000-2-thumb-2018-05-29-10-27.jpg
大相撲夏場所千秋楽 白鵬(右)を寄り切り優勝を決めた鶴竜(撮影・三島 英忠)

 ◇大相撲夏場所千秋楽(2018年5月27日 両国国技館)

 千秋楽の一番は終盤戦の勢いの差がそのまま出た。鶴竜は白鵬の胸に頭をつけて右前まわしを引くと、すぐに前に出た。一度は土俵際で残され巻き替えられたが、頭をつけたまま両上手を引きつけそのまま寄り切り。中盤戦くらいまではふわふわした感じに見えていたけど、13日目の逸ノ城戦あたりから攻めが厳しくなり、自分の形に持ち込むのが速くなった。安定感では一枚上手だったね。

 白鵬は衰えたという声も聞くが、そうは思わない。自分の形になれなかった時の相撲の流れは確かに悪かったけど、大横綱といえども復帰場所で相撲勘が多少鈍るのは仕方がない。体に張りはあったし、大きくなった印象も受けた。来場所はまた力強い相撲を見せてくれるはず。次は栃ノ心も含めて上位が充実してくるだろうから、面白い場所になると思うよ。(元大関・栃東)

 
■ワクワク・ハラハラの手に汗握る15日間■
海外旅行や50インチ液晶テレビも当たる相撲クイズ
●大相撲懸賞クイズの
無料カタログのご請求
 次回ご参加ご希望は
こちらまでお願いします!
 

« 13日目 | トップページ

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559732/66772411

この記事へのトラックバック一覧です: 【大相撲夏場所】大関昇進の栃ノ心 新たな「超人伝説」:

« 13日目 | トップページ